賃貸の基礎知識

ホームへ戻る >  土地で気をつけたい周辺情報  > 賃貸の基礎知識

賃貸賃貸を借りる場合は、遅くても入居の2週間前までに物件探しを始めるのが基本だといわれています。即ち、引越しの2週間前には予算と持ち運ぶ荷物(家具や家電)がある程度準備できている状態にすることが望ましいでしょう。予算に関しては、家賃に加えて敷金や礼金、不動産業者の仲介手数料、各種保険料、引越し業者の利用代金などを不足なく揃えておく必要があります。余裕を持って家賃の半年分は資金を用意しておきたいところです。ただし、敷金や礼金に関しては撤廃しようという傾向にあるので、一切不要な場合も増えてきています。


賃貸を探す場合、同じ物件でも時期によって家賃が異なるケースがあります。通常1月から3月までの家賃が基本料金であり、夏(8月ごろ)は格安な物件が多くなります。新生活の始まる時期(春)にかけては人気物件がすぐに借りられてしまうので、新入社員、あるいは大学へ入学する予定のある方は、早めに賃貸を探すようにしてください。

情報誌で賃貸を探す場合は、コンビニに置いてあるような薄めの雑誌がおすすめです。こうした冊子は情報の鮮度が高く、新しい物件が豊富に記載されています。対して、きちんと製本されてある厚手の本は情報量そのものは多いものの、問い合わせたらすでに入居者が決まっていた、という例が多く見られます。より新しい情報を知りたいのであれば、ネットの利用もおすすめです。検索機能を有効に活用すれば、より細かな条件で物件を探すこともできます。