マイホームと施工業者選び

ホームへ戻る >  土地で気をつけたい周辺情報  > マイホームと施工業者選び

新築でマイホーム新築でマイホームを建てる場合には、施工業者を選ぶ必要があります。これが非常に重要なポイントです。欠陥住宅にまつわるトラブルがよくニュースをにぎわせていますが、こうした事態に見舞われないためにも信頼できる業者を選ぶ必要があるのです。


施工業者選びでは、まずどのような業者に依頼するかがポイントとなります。大きく分けて大手ハウスメーカー、フランチャイズ経営の住宅メーカー、工務店の3種類の選択肢があります。高性能、最新工法の大手ハウスメーカー、ローコストで工期が早いフランチャイズ型、地元密着で自由度が高い工務店など、それぞれ個性や特徴がありますからよく把握した上で選択したいところです。

それから費用です。見積もりの段階でどれだけ正確で詳細な費用を提示してくれるかも、施工業者選びには欠かせません。マイホームの建築費用は通常坪単価で計算されますが、それはあくまで工事にかかる費用です。それ以外に諸経費や別途の工事費などが加わることになるのです。その辺が曖昧な形でしか提示されていない場合、後になって追加料金を請求されたり、不明瞭な使い道にお金を支払う羽目に陥ってしまうこともあります。


また、施工業者の見学も重要です。マイホームの購入といえばモデルルームの見学を行うケースが多いですが、それ以外にも建設現場の見学やすでに入居者が入っている物件の見学なども行うことができます。こうした見学をうまく活用することで理想的な施工業者を選ぶ判断材料とすることができるでしょう。施工業者選びは最初で最大のポイントとなりますから慎重に行いたいものです。