家作りと業者選び

ホームへ戻る >  土地で気をつけたい周辺情報  > 家作りと業者選び

新たに家を建てるとなると工事を請け負ってもらう建築会社を選ぶことになります。この選択に悩まされることも多いのです。


家を建てる場合に選択肢の対象となる業者は大きく分けて3種類あります。大手ハウスメーカーと、フランチャイズ展開を行っている住宅メーカーと、工務店です。どれもそれぞれ特徴があるため、理想や予算などを踏まえた上で慎重な選択が求められることになります。


大手ハウスメーカーの魅力は最新の工法やブランドイメージがもたらす信頼性が挙げられます。価格がやや高めとなりますが、エコ住宅やオール電化など最新の住宅にしたいと思っている家庭に向いているでしょう。


それからフランチャイズ展開。加盟店が統一した工法、素材によって工事を行うタイプです。プレハブ住宅など短期間でローコストの住宅を取り扱っているのが最大の特徴・メリットといえるでしょう。

工務店は地元密着、最新の工法やデザイン面ではやや劣る面もありますが、きめ細かなサービスと自由度の高い対応が大きな魅力となっています。最近注目を集めている注文住宅などに適している選択肢となるでしょう。


これらとは別に設計と工事の管理を行う設計事務所もあります。設計と工事を別々に依頼する場合にはこれも選択肢として加わることになります。


この選択が家を建てるうえでの成否を分けることにもなりかねません。宣伝や広告などに惑わされず自分の目で見て判断するようにしましょう。モデルルームや見学会なども活用すると理想的な判断がしやすくなるでしょう。