噛み合わせが悪い主なケース

ホームへ戻る > 噛み合わせが悪い主なケース

普段付き合いのない人への結婚祝い
インプラント手術の前後に必要な口腔ケア
軽いつけ心地が人気
入れ歯と老化の関係
リウマチの種類

噛み合わせの悪さはさまざまな原因で起こります。治療を行う場合にはそれぞれの原因に相応しい方法を選択することが必要になるのです。では噛み合わせの悪さをもたらす症状にはどのようなものがあるのでしょうか。


もっとも多いタイプと言われているのが八重歯や乱杭歯。これらを総称して叢生(そうせい)と呼んでいます。上の歯の犬歯が飛び出してしまっている状態を八重歯、歯並び全体がデコボコしてしまっている状態を乱杭歯と言います。


それからすきっ歯。これは正中開離(せいちゅうかいり)と呼ばれており、歯と歯の間に隙間がある状態です。前歯に多く見られるものですが、奥歯などに生じている場合もあります。

より症状が思い状態が開咬(かいこう)。これは歯を噛み合わせた時に上下の前歯が開いた状態になってしまう状態です。正常に口を閉じることができないため、口を開いたままで過ごすことが多くなります。


それから反対咬合。歯は通常上の前歯が下の前歯に覆いかぶさっている状態ですが、逆に下の前歯が上の前歯に覆いかぶさっている状態のことを言います。受け口という言い方もされますが、顎が飛び出して外見からも異常がはっきりと分かる特徴があります。


このように、噛み合わせが悪い症状にもさまざまなケースがあるのがわかります。中には治療にかなりの長期間かかる場合もあります。これらの症状は日常生活にさまざまな支障をもたらすことも多いだけに注意が必要なのです。早めの治療が重要になってきます。