インプラント手術の前後に必要な口腔ケア

ホームへ戻る >  噛み合わせが悪い主なケース  > インプラント手術の前後に必要な口腔ケア

インプラントは人工物を体内に埋め込む手術なので、その前後には口の中を清潔な状態にしておかなければいけません。まずは手術前ですが、虫歯や歯周病の原因となる細菌などは、可能な限り除去しておかなければいけません。特に歯周病については、本来インプラントが固定されるはずの歯茎などが侵されてしまうと、手術が困難になってしまいます。


また、噛み合わせについても、バランスが悪い人は手術前に治しておいたほうが良いでしょう。特定の歯だけに負担がかかると歯を傷める原因となりますし、インプラントを埋め込んでからしばらくは違和感を感じることで、さらにバランスの悪い噛み合わせになってしまうことが考えられるからです。

そして、術後の口腔ケアでも、虫歯と歯周病のケアを中心にして行うようにしましょう。インプラントを埋め込んだ箇所が歯周病になってしまうと、天然歯が抜け落ちるのと同様の現象が起きるからです。テレビのCMなどで歯を赤く染めて歯垢のチェックをしているのを見たことがある人も多いはずですが、あの歯垢を赤く染める液体を利用してみるのもいいでしょう。一般的には染め出し液と呼ばれるもので、普通に市販されています。この染め出し液を使って磨き残しなどをチェックして、口の中を清潔に保つようにするのです。


また、しっかりと磨きたいと考えるならば、電動歯ブラシの方がオススメです。歯間ブラシでも電動のものが販売されているので併用すれば、磨き残しもなくなるはずです。