注文住宅のプロセス

ホームへ戻る >  チワワの老犬を長生きさせたい  > 注文住宅のプロセス

注文住宅はすでに建てられている住宅を見て購入するわけではありません。間取りや機能、ライフスタイルなどにあわせて住宅に求める希望などを書き出し、設計士や工務店と話し合いながら図面を作っていく部分からプロセスをはじめます。この時、住宅を建てる場所や周囲の環境によって、可能な住宅の広さや面積、高さなどが変わってきますから、設計士や工務店と話し合いをする時にはエリアや地域的な場所についても具体的に考えておく事が必要になります。工務店の中には、土地と注文住宅をセット販売しているところもありますが、こればかりはケースバイケース。建てる家の図形は完成したけれど、土地が見つからない・・という事にならないようにしましょう。

実際に住宅を建てる現場を調査したりしながら、工務店や設計士の人と入念な打ち合わせを重ねて、具体的な設計を行なっていきます。図面の作成途中でも希望を反映させてもらう事は出来るので、面倒がらずに親身に相談に乗ってくれる業者を選ぶ事が注文住宅を成功させるポイントと言えるでしょう。


図面が出来上がれば、あとは施工業者を見つけて工事を始める事になります。業者によって工事にかかる期間やコストなども異なりますし、住宅を建てる際の資材やパーツなども異なる場合があります。初めて注文住宅を建てる場合には、そういった細かい部分もサポートしてくれるような工務店やハウスメーカーなどを選べば、トータルサポートでプロセスを問題なく進める事ができるようです。