どんな注文住宅にするのか

ホームへ戻る >  チワワの老犬を長生きさせたい  > どんな注文住宅にするのか

注文住宅を建てようと考えたら、まず最初にすることは、具体的なイメージをどんどん膨らませていく事からはじめましょう。自分のライフスタイルに合わせて、リビングルームはこんな感じにしたい、キッチンはこんな感じ、部屋の数はこのぐらい・・というように大まかなイメージからスタートして、どんどんイメージを具体的に細かく作り上げていきます。モデルハウスなどを見たりして気にいった部屋のイメージや機能などは、写真を撮っておくのもよし。インターネットや雑誌などもどんどん活用して、具体的なイメージを膨らませていきましょう。

住宅では大切な間取りは、自分自身で気に入った間取りがあればそれを利用しても良いですが、注文住宅の場合には希望に合わせて工務店などが提案してくれることもあるので、具体的な間取りを自分で考える必要はありません。しかし、雑誌などで紹介されている間取りなどで気にいったものがあれば、プリントアウトしておくのも良いでしょう。基本的な間取りをカスタマイズしながら自分らしく変える事が出来るのも、注文住宅なら可能です。


部屋の間取りなどは考える必要はありませんが、リビングルームや寝室などの広さは、ある程度の数字で表現したほうが希望通りの仕上がりになります。たとえば、「寝室には大きなクローゼットが欲しい」と考えた時、「寝室の広さは15畳ぐらいで、クローゼットは、こんな感じのクローゼットを2つつけたい」と雑誌の切り抜きなどを持参すれば、工務店や設計士の人に取っても、イメージしやすいものです。