ミルクがすぐに作れる

ホームへ戻る >  ウォーターサーバーの温度  > ミルクがすぐに作れる

赤ちゃんのミルクをつくるとき、ストレスを抱えてしまっているお母さんも多いかもしれません。お腹がすくと、赤ちゃんは泣きだします。泣くことでしか、自分の意思を表現することができないからです。おむつが汚れていても泣き、お腹が空いていても泣きます。眠くても泣いたりします。すべて「泣く」ということで表現してしまうので、お母さんとしては、赤ちゃんが何を求めているのか、わからないことがあります。なので、消去法で、原因をひとつひとつ、クリアしていくことになります。泣き出したらまず、おむつを替える。それでも泣き止まなければミルクをつくる。それでも泣き止まなければ、眠くて泣いているのか、あるいはちょっとイヤなことがあって、なんとなく悲しくなってしまうかもしれません。

この真ん中の段階である「空腹を満たしてあげる」というプロセスのときに、スムーズにできるのと、手間取っているのとでは、お母さんのストレス度が違います。電気ポットのお湯を使うときには、すごく熱いので、なかなか冷めないことも多いです。実際に飲ませるときには、電気ポットのお湯でそのままつくってしまうと、やけどをしてしまいます。なので、人肌くらいの温かさの水になるように、冷ましてあげないといけません。


そんなときに、ウォーターサーバーの水です。人肌とまではいきませんが、電気ポットのお湯よりは低めに設定されている水なので、その分早く、お口にふくませることができます。