一般の歯科治療と矯正歯科の関係

ホームへ戻る >  ウォーターサーバーの温度  > 一般の歯科治療と矯正歯科の関係

矯正歯科は虫歯や歯周病の治療を行う一般の歯科治療とは別物、というイメージもあります。歯の治療を行うわけではなく、また治療期間も長期に及び、さらには治療方法の大半に保険が適用されない。そのため虫歯の治療を受けに歯医者を訪れることはあっても、矯正歯科の治療を受ける気はしないという人も多いようです。


ただ、この2つはまったく別物というわけではありません。両方の治療を行っている歯医者が多いのも両者の間に密接な関わりがあるからです。この関係についてみてみましょう。


最大のポイントは噛み合わせが悪い人は虫歯にやりやすいことです。歯並びが悪いとまず歯磨きが難しくなります。歯間が開いて食べかすが入りやすくなったり、奥に引っ込んだ部分に歯ブラシが届きにくくなるなど。その結果虫歯菌が繁殖してしまうわけです。しかも歯並びが悪い状態で虫歯になると治療も困難になります。治療しようにも治療器具が届かないといったケースも見られます。

このように、この2つの診療科目の間には切っても切り離せないつながりがあります。とくに現代の歯科業界では予防医学が重視されており、いかに虫歯になりにくい、健康な口腔を維持できるかが求められています。その意味でも歯並びの矯正は予防の土台としてやっておくべき課題となるでしょう。


矯正治療を受けるのが嫌で歯並びの悪いままにしていると結局何度も虫歯になり、治療に通うことになりかねません。歯並びが悪い人は歯の健康に欠かせないものだと割り切って治療を受けるようにしましょう。