一般の歯科治療と矯正歯科の関係

ホームへ戻る >  ウォーターサーバーの温度  > 一般の歯科治療と矯正歯科の関係

虫歯・歯周病といえば歯や歯茎の痛みをもたらす原因です。初期であればそれほどの痛みはありませんが、悪化して根にまで及ぶと耐えられないほどの痛みを覚えることもあります。ただ、軽い段階ではついつい歯科医院で治療を受けるのを怠ってしまうケースも少なくありません。


しかし、現在では虫歯・歯周病は口腔だけでなく全身の健康に悪影響を及ぼすことが明らかになってきました。つまり、なんとなく調子が悪いと感じている理由が虫歯・歯周病なのかもしれないのです。


その原因は炎症にあると言います。虫歯・歯周病の炎症によって生じた物質が体内のさまざまな器官に及び、健康を害するのです。たとえば肺に達すると肺炎の原因になるといわれています。女性の場合、妊娠中に虫歯・歯周病になることで早産や低体重児出産のリスクが上昇するとも言われています。

高齢者にとっては動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まる点が気になるでしょう。狭心症とのかかわりも指摘されています。高齢になると非常に高い確率で歯周病が発生します。単に歯がぐらついたり抜けやすくなるだけでなく、体にも影響を及ぼす点を忘れないようにしたいものです。症状が見られたらできるだけ早く歯科医院で検査を受けるようにしましょう。


糖尿病との関係も研究されるようになっており、もはや虫歯・歯周病は口内の健康だけに留まらない問題となっているのです。予防歯科に重点が置かれるようになっているのもこうした事情があるのです。